新着記事

2004年09月30日

合格に必要な勉強量

合格者
15年度の合格点と否判定基準は読んだよね?

俺:
はい。

合格者
丙案ありが138、なしが141あれば受かるんだ。
一科目あたり23.5でいいんだよ。
来年は1500人受かるから全員丙案ありと同じ。
23点でいい。
だから「一応の水準」に達すればいい。
「良好な水準」に達することさえいらない。
6本すべてに一応の水準をクリアすればいい。
そして、「良好な水準」と「優秀」の境界は見えない。
両方Aだから。
一応の水準さえクリアできないから落ちる。
あとは、「特に不良」な答案があれば落ちる。
最悪のGは取ってはいけない。

俺:
「一応の水準」ってのが良くわからないですよ。

合格者
基本事項の理解と、その応用を「明示」できれば一応の水準。
あくまで基本の上に応用がることを示さなければならない。
これは俺の不合格答案と合格者答案の比較の結果。
基本事項があやふやなら一応の水準に達しない。
基本の理解を明示しなければならない。
法的三段論法の基礎になる。
基礎のゆるい答案は「その場しのぎ」の印象が否めない。
基本は堅く明示しなければならない。

そしてGを取ってはならない。
9点以下のGがあれば合格できない。

俺:
Gを取らないって言うのは?

合格者
基本事項に嘘を書いてはいけない。
嘘はG。
応用で矛盾が起きてはいけない。
矛盾もG。
基本を堅く書いて、それの上に応用を矛盾無く重ねればいいだけ。

俺:
論点は?

合格者
論点は応用に当たる。
基本を明示しなければならない。
結果の妥当性だけを追ってはならない。
基本事項を追えば、不合理性が出る。
不合理性を明示することが応用の必要性。
あとは矛盾無く論すればいい。
不合理性も無いのに論ずることは危険。
基本事項の理解が疑われる。
論証の暗記に見える。たとえそうでないとしても。
さっき言ったことと重なる。

結局、基本事項を堅くすればいい。
基本事項はどの基本書にも載っているが、
説得的に書いてあるものは多くない。
基本書を選ばなくてはいけない。
基本が固まったらあとは応用できればいい。

そして、文章量が増えれば粗が見える。
嘘、矛盾を書きやすい。
時間も食う。
文章は短文がいい。

基本・応用・短文で一応の水準に達する。
実務家の卵にはこの程度でよいと司法試験委員会は見ているんだよ。
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック